2019年7月14日日曜日

全塗装したミニクーパーのエンジン組み立てを始めよう

鋳物の型の合わせ面のバリを取ったところで重量を計測したら10g近いバラツキのあったあったコンロッドの重量合わせやら、ブロックの水穴移設やら組み立て前の細々した加工やらをしていたら、存外に時間がかかる。


OH用に新しく購入したクランクメタルを組もうとしたところ、溝のあるアッパー用が3セットって梱包ミス?

どうもpre A+用らしく??? オイラの発注ミス orz
ま、溝切りメタルだと思えば、抵抗は減るし、溝分オイルの保持には有利になりそうだ。1000だからパワー的にも問題が出ることもなさげ?と、考え方を切り替える (^_^;

ただし、良いことばかりではなく、ベアリングキャップ側の周り止めの場所が違うので、ボルトオンというわけにはいかないといういうのは、いつもの事。


ベアリングキャップを加工する羽目になる (^^;


ピストンを組み付け


ミッションと合体

ブロック自体はあんまり汚れてないし洗浄だけでブロックの塗装はパス!!とか、思っていたのだけれども周りがきれいになりすぎて汚れが際立ってしまうので、こりゃ塗装しないとだめだわっつ。

そのままエンジンラッカーで定番色の緑辺りを塗るのもねぇ???

前回野外用の耐候性を謳った塗料を使ったらオイルに弱く (T_T)
溶けたので、上からラッカークリア吹いて誤魔化した。なんて・・・。

前回の反省からラッカー塗料の青をベースに、汚れを目立たなくかつ下地の隠蔽力を上げる目的の黒色を混ぜ、色味調整で緑を混ぜテキトウに調色したらこんな色になる。

2019年7月10日水曜日

全塗装したミニクーパーの内張りを新しくしよう

全塗装のついでに、天張りも新しく張り直したし・・・。ボロボロな内張りも新しくしたいよな~と、内張りも新しくすることにする。ほぼフルレストア?
新しく購入したのは
 NEWTON COMMERCIAL

MSSK1007 TRIM INTERIOR KIT MK3 BLACK


さすが!!リアのタイヤハウストリムからして質感が全く違うと、喜んでいたら・・・。


リヤのスピーカーボードを仮付したところで、キレイに収まらず (T_T)

シートで無理やり押さえたりして誤魔化しても板がうねってひどいことになりそうなので、サイズ調整しないとだめっぽい?
面倒なので後回し・・・。

ついでにトリムクリップも購入しておく
GFK7509INTERIOR DOOR PANEL TRIM CLIP


ドア1枚あたり9個必要なので18個で良かったんだけど、テキトウに注文したら2個余る。
ま、よく壊れる部品だから予備があって困ることは無いし。


ドアトリムの劣化対策で、トリムとドアの間に入れるビニールも追加する。
DL3030 MK3 MINI DOOR PLASTIC MEMBRANE (PR)


国産車みたいにドア側に貼り付けるものだろうと合わせてみたら、何かがおかしい?


どうも、トリム側に固定するものらしい?


両面テープで止めつつ、クリップで固定したものの、クリップ穴基準であわせていったら微妙にトリムとサイズが合わず、しわだらけ・。


結局、トリムの下側が濡れやすいので、アルミテープでドアの穴を塞いでおくことにする。



ドアトリムを取り付ける準備がようやく終わったので、ドアハンドル部に取り付けるコルクを挟んで


ドアトリムを取り付ける。

結局、ドアトリムしか取り付け終わってなかったり・・・。

キーレスのアクチュエーター取り付けもしたいのだけれども、ドアも交換したせいでアクチュエーターの固定穴を新しくあける必要があるので作業に1日はかかるし、いつ走り出せるかわからなくなるので快適装備は後回し???

2019年7月7日日曜日

全塗装したミニクーパーのエンジンを組み立てる前にエンジンブロックの水穴の移動とかをする

998のブロックに、1275用のシリンダーヘッドを載せているせいで微妙に水穴の位置が違っているのは知っていたものの、ずれているけど穴としては通っているし冷却とかは大丈夫だろうと、そのまま組んだものの・・・。

エンジンに火入れして早々、ヘッドガスケットの隙間から微妙な水漏れ。でも数回エンジンを温めたら漏れが止まったので、問題無さげ?と、その時は・・・。

それから4年ぐらいして、エンジンを分解したら、シリンダーヘッド上面が黒錆腐食して、ブロック上面研磨するハメになる。
かなりの確率で、この2つの穴からの水漏れのせいと推測される。横着しなきゃよかった。同じガスケット上の他の水穴にとは違い、この2箇所だけ銅のガスケットが追加してあるところを見ると穴位置がずれていなくても対策しないと漏れやすい場所なのか?と、今更思ってみる。(この2つの穴はちょっと厚くなっているシリンダー部分に近いせい?)



とりあえず穴を塞いで、側に水穴をあけ直すしかなさそうなので、旋盤で真鍮を旋削して穴埋め用のプラグを作りーの


圧入。削って高さ合わせる。上面研磨の前にプラグ埋めときゃいいものを・・・。と、思った時には遅かった orz

ま、真鍮の栓なので簡単に削れるからブロックと面を合わせる作業自体は簡単だけど。

ガスケットの穴に合わせて新しく穴をあけなおす。


もう片方は、プラグとずらした位置にはあけられず、しかも穴も一回り小さくなる。ま、穴が半分ぐらいガスケットと被っていた元の状態よりは実際の流路の面積が増えているから妥協。


剛性が高い大型のボール盤か、ブロックが載せられるようなフライス盤でもあれば、元と同じ径で真鍮のプラグ寄りにあけられるのだけれど、手持ちの充電式電気ドリルでは真鍮側にドリルの中心を持っていったら真鍮側ばかり削れていって斜めに穴あくか、せっかく圧入したプラグを削り取っちゃうような、画しか頭に浮かばないのでリスク側に行く気にはならん。

ブロックの加工は終了にして、削りカスやらをキレイにするのに、水と、オイルのメクラ蓋を外し掃除をしようとしたところで、水のプラグは小突いてペンチで引っ張り出せばいいけど、オイルのプラグはどうするんだっけ?と、玄人に穴尋ねれば、穴を空けて貫通させて長い棒を差し込んで小突けばいいとのことで、そういえば以前もそうやった。


あとで押しやすいように、端っこギリギリ目に穴開けて、棒で小突く


と、プラグが抜けてくる。


片側が取れたところで、もう一方も小突いて抜く。

これで、ボーリングやら、上面研磨やら、水穴加工諸々で溜まったゴミを洗浄できるようになる。で


ついでなのでピストンのバリ落とし。前回、シリンダーの段付きを簡易ホーニングして組んだらクリアランスが広すぎるせいでオイル上がりが酷かったので、+60のピストンに変更しシリンダーブロックをボーリングしてボアアップ。
最近のピストンだけあって重量も0.5g程度のバラツキの中には入っているので喜んでいたら、ピストンスカートのバリがあるようでエッジの辺りに凸があるような感じで引っかかるからオイルストーンでバリ落とし。


ピストンの裏側を見ると、ここにもバリ発見。奥まっていて面倒な場所だけどとっておく。