2016年2月6日土曜日

ROVER車のMEMS1.6 , 1.9用 OBD診断機アプリ「MEMS Diag lite」をミニクーパーに接続してみる

知り合いのインジェクションミニのアイドリングが高くて(1400rpm前後)、回転の落ちが悪いというので以前見つけたAndroidアプリのMEMS Diagで状態を見てみる。

基本情報は約1年前の記事
ROVER車のMEMS1.6 , 1.9用 OBD診断機アプリ「MEMS Diag」を発見


今回使用した端末は作りがチープすぎるNexsus5が1年もしないで外装がボロンボロンになりiPhone6sが出るまでの繋ぎのつもりで購入したのにそのまま居座っているASUS Zenfone Laser2(Android5.0.2)という素直な作りの端末。
素直なハードで、特にrootを取得して設定を書き換えるなんて、危険でメンドクサイコトをしなくても、ArduinoへUSB HOSTケーブル経由で書き込みに使えたりするので、MEMS DIAGも大丈夫でしょ?と
(Android端末では鬼門なUSB HOSTという機能が必要なので他のAndroid端末で動くかは不明。Android端末はOSに関係なくメーカーや携帯キャリアの都合により仕様がバランバランなのでUSB HOSTという機能がそもそもハード的になかったり、ど使うUSB HOSTなんて使うユーザーなんて少なぇし不具合になったりするとめんどくせぇから使えないようにしておくみたいな?ことで使えなくなっていたりする事が特にキャリア系の端末ではよくあるようで??? ハード的にOKで設定を変える場合にはroot権限をとる必要があり作業に失敗すると最悪端末が使えなくなったり、一部機能が失われたりする場合があるので止めたほうがいいです。)


ケーブルは送料込み380円とかいう意味不明な販売価格で密林の奥地で発見して購入したPL-2303というあまりいい思い出のないメーカーのチップを使ったUSB-232C(TTL)ケーブルをベースにAMP/タイコーのコネクターを取り付けDIY改造。

おすすめしない理由は、Zenfone Laser2ではドライバーのインストールは特に不要で使えましたが、Windows10用の公式ドライバーをインストールしても・・・で、PCでの使用するにはピーでガーで・・・。Prolificのチップを使った機器は変なところで罠に嵌ったことが何度か・・・。

ミニへはエンジンルームにあるコネクターで接続。


CONNECTを押して接続しようとしたらエラーが出て繋がんない。って、デフォルトのECU Procotocol VersionはMEMS19だった orz

これじゃ繋がるわけがない・・・。

どっかに設定あるでしょ? と、やっぱりMEMS1.9になってる


ローバーミニに合わせMEMS16に変更


無事つながると、データの羅列が流れてくる。


GRID Viewに切り替えると各種のデータを見ることができる
確かに、水温が84℃まで上がって暖気終わっている筈なのにアイドリングが1400rpmぐらいのまま。


エラーコードの確認をしてみたらStatus byte2にスロットルポジションセンサー異常のコードが入っていたのだけれどもErase後は再発しないので一過性故障か、遥か昔の故障???って、症状変わってないし。

初めて使うので分かっていないのだけれどStatus byteって、1が現在故障? 2が過去故障?なのか?(不明)

結局、異常アイドリングの原因は不明。
ま、診断機能は万能ではないからな〜

んで、ステッパーモーターの動きは問題なさそうだし、スロットルポジションセンサーも壊れているようには見えないし、回転落ちが悪いことからバタフライ周りに汚れがついて動きが悪くなってんじゃね?と、結局アナログな診断(^^; キャブクリーナー攻め???


タイコーエレクトロニクスアンプ 〓 カプラ+ゴム栓 〓 172201-1



タイコーエレクトロニクスアンプ 〓 端子 10個 〓 170280-1

0 件のコメント:

コメントを投稿