2015年2月1日日曜日

ROVER車のMEMS1.6 , 1.9用 OBD診断機アプリ「MEMS Diag」を発見

MEMS Diag
という、ローバーのMEMSと呼ばれる特殊なOBD(診断機通信)に対応したAndroidアプリを見つける。

公式ページは、こちらのようで接続ケーブル等の情報がありました。
 MEMS 1.6 / 1.9 ECU diagnostics
記事の日付を見ると数週間前にリリースされたばかり???


でも、MEMS1.6 , 1.9対応とはあるものの、公式ページの動作確認済みリストにROVER MINIがないのでトライアル版のLiteで要実験?
(Liteは起動回数等に制限があるらしい?)
ミニのMEMSは1.6と聞いたことが有ったような?無かったような?気がしなくもなくも無くもない?

ケーブルは、その辺に転がってるもんでいいし、接続用のコネクターは動作確認出来てからでも遅くはない!?

この手の情報は、相変わらず日本語の情報全く見つからなかったり (2015年2月1日現在)


Android端末の機能が損なわれたり、文鎮化やレンガ化と呼ばれる端末が起動すらできない状態になる可能性も高く、オイラも諸事情により実験できなかったので、以下のメモ書きは、
 人柱向け
。 。 。。。


Android端末の他に必要なのは、
■USB-HOSTケーブル
 100均Meets USBホストケーブル
USB-HOSTケーブルは、キーボードやUSBメモリーをつなぐ時に使うケーブル。最近は、激安品が108円ぐらいで販売されています。

でも、鬼門のUSBホスト機能・・・。
Android端末は、ハードもソフトも販売時期やOSのバージョンに関係なく仕様がバランバランなので、物によってUSB HOST機能を持っていなかったり、持っていても使える機能に制限がありroot取るなんて危険なことをして設定を書き換えないと使えなかったり???カタログ見てもよくワカンねぇし w

安さにかまけてテキトーに端末を入手するとハード的にそもそも無理だったり? root取るのに失敗したり、その後の作業を間違えると端末を起動すらできなくなり産業廃棄物化なんてことも?起きやすいので、そういう系に弱い人には無理かと!!

Android端末のルートを取って設定を書き替えるといえば・・・。つい先日、友人が
Android携帯のキャリアお仕着せアプリが邪魔なので消去しようと、素人作業でroot取ろうとして・・・・・・。案の定、失敗。
消すつもりのなかったアプリまで消滅した挙句

 電話がかけられなくなった(T_T)

元に戻す事もできず・・・。
 文鎮になったわけじゃなく自分から電話をかけることはないから、受けれるし、いいや。
って!? 楽しい状態になったと、騒いでいました www

Android端末のrootをとるなんて、やるもんじゃ無い。

と、


■USB-FTDIケーブル(5V)
 5V USB-FTDIケーブル
USB-FTDIケーブルは、丁度5V版のケーブルが3Dプリンターに付いているので拝借すればいいやと。
新しく購入しても1000〜3000円ぐらいだったような?

信号のHIレベルが3.3Vしかない省電力マイコン接続用の3.3V版だったりする場合があるので購入時には要注意。
テキトウニ購入して3.3V版だったりすると、データ信号のHIとLOWが区別できなくなって通信が出来なかったり、接続が安定しなかったりするかと?


■MEMSの3ピン診断コネクターに繋ぐコネクター
コネクタ
  AMP 172201-1
ピン
 170280
というもののようなので調べたら、楽天に出店されているIK21さんで扱っていたので入手に困ることはなさそうです。


タイコーエレクトロニクスアンプ 〓 カプラ+ゴム栓 〓 172201-1



タイコーエレクトロニクスアンプ 〓 端子 10個 〓 170280-1


送料を入れても1000円ぐらい?


とりあえずコネクターを購入するとお金がかかるので、試用版のMEMS DIAG Liteに用意した有り物ケーブルだけを繋いで、Connectボタンを押して接続実験。
Nexsus5  Android アプリ MEMS DISG接続
シリアル通信ケーブルまでは認識していて通信できていそうだケド
 ECUの反応ネェぞ!!
と英語で怒られた〜。


 何??? ECUだと!?


そんなもん付いているわけねぇダロ!!
ローバーミニでも、89年式のミニ1000のキャブだから ( ̄Д ̄;) ガーン


そもそも実験以前の 問題 Orz


後日、知り合いのインジェクションミニに接続して試しました。
ROVER車のMEMS1.6 , 1.9用 OBD診断機アプリ「MEMS Diag lite」をミニクーパーに接続してみる

7 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

私は人柱になるべく、USB-FTDIケーブルをおもちゃ箱から探している。
またコメントします
mini SPI '97 / nexus7(rooted)

匿名 さんのコメント...

動作確認出来ました
Rover mini 1997
MNE101170 ver1.6
Nexus7(2013)
USB-FTDI

JPD さんのコメント...

動作確認ありがとうございます。

元の情報をUPしてからかれこれ2か月以上経つのですが、その後まったく日本語の情報が出てこないのでミニでは使えないのかもしれない?と思いかけていたところでした。

少なくともrootの取れているNexus7なら大丈夫そうですね。
うちのNexus5もFTDIのアダプタまでは認識しているようなので大丈夫な気がします???

匿名 さんのコメント...

イギリスのMiniフォーラムサイトにてTTL-232R-5V(FTDI)と同じく旧AMP(現タイコー・・・)の3Pコネクタ使ってPCにて診断するソフトがフリーで以前から紹介されてます。

ROVER1.6は非同期シリアル通信なのでリバースエンジニアが容易に可能です。
当方は98'M/TのSPIで診断&フォルトリセット可能なことを確認しました。
MPI車輌は身近に居ないので可能かは不明です。

JPD さんのコメント...

情報ありがとうございます。こちらに有るものの事ですかね?
http://alum.wpi.edu/~colinb/mems_interface.html
ケーブルはスマホ用のものと同じものが使えそうですね。

Linux版とwindows版のソフトがあるようですが、当方もインジェクション車が身近にいないため確認取る事は出来ません。

匿名 さんのコメント...

6月23日にコメント投下した者です。
JPDさんが見つけられたMEMS GaugeでもPCでO.SはVista32bit作動確認済みです。
MEMS_Diagについても同じ通信ケーブルでPCを仮想スマホにしてAndroidoアプリ起動すればスキャナーとして十分、使用出来ます。
因みに当方の98'M/T SPIの色はHAMです( ´艸`)

JPD さんのコメント...

レスポンスが遅くなりすみません。
貴重な情報ありがとうございました。PC上で仮想スマホなんて使い方もあるのですね。勉強になります。

コメントを投稿